ブラッシングで毛のお手入れ

ブラッシングの大切さ

犬のブラッシングは、犬を飼う上で大切なケアの1つです。
毛並みを整える目的もありますが、しっかりと不要な毛を取り除いてあげることで、犬の皮膚の風通しを良くして、皮膚病を引き起こす細菌の繁殖を抑え、皮膚トラブルになることを防ぐことに繋がります。
ノミ・ダニ予防、皮膚の血行促進などの効果もあります。
抜け毛の量も減らすことができますので、時間がないとおろそかにせず、愛犬のために、少し時間を作ってこまめにブラッシングを心がけましょう。

犬をブラッシングしてあげると、そのときの皮膚や毛の状態をチェックすることもできます。
毛が生え変わらない犬種なのに頻繁に抜け落ちるようになったり、フケが異常に多くなったなど、何か異常が起きていれば、すぐに発見することができます。
飼い主の方が、ブラッシングケアを通してスキンシップをとることで、犬の状態を常に把握できますので、ブラッシングは必ずしてあげましょう。

ブラッシングの準備をしましょう

ブラッシングに必要になる道具は、スリッカーブラシ、コーム、ピンブラシ、獣毛ブラシ、ノミとりブラシなどがあります。
毛の長さや量、犬の大きさ、犬種などによって好みのものを揃えるようにしてください。

スリッカーブラシとは、長毛種や中毛の犬種向きの、ワイヤー製ブラシです。
力の加減をしながら皮膚を傷つけないように、斜めに引き上げるように軽くブラッシングするのがコツです。
ピンブラシとは、ブラシの先に丸いピンが付いた、長毛種向きのブラシになります。
皮膚を傷つけずに使用することができます。

獣毛ブラシとは、ブラッシングの仕上げに使い、最後のツヤ出しの効果があります。
軽くなでるように用い、天然素材のために静電気が起きにくい特徴があります。

スリッカーブラシとコームがあれば、基本的なブラッシングは可能です。
毛玉ができている場合には、コームなどできれいにほぐしてあげてからブラッシングしましょう。