耳を掃除しよう

耳掃除で病気予防

犬の耳掃除は、爪切りなどと同様、大切なケアの1つです。
特に、耳の垂れた犬種については、耳の中の通気性が悪いため、耳あかが溜まったり、菌が繁殖しやすくなっています。
もちろん、垂れ耳以外の犬種の場合にも、耳あか菌は、外耳炎や中耳炎、内耳炎、耳血腫などの病気を引き起こす原因となりますので、耳の中を清潔に保ってあげるようにしましょう。

犬の中の健康チェック

犬の耳掃除は、動いたり嫌がったりすることが多いので、難しいことも多いと思いますが、耳掃除は耳の病気予防とともに、耳の健康をチェックする大切な機会です。
耳の病気や異常がないか、定期的に確認をしてあげましょう。

耳あかが溜まっていないか、また耳あかの色が黒くなっていないか、耳の中は健康な色をしているか、イボができていないか、赤く腫れていないか、臭いはしていないか、耳先に異常は見られないかなど、見逃しそうなサインを早くキャッチして、愛犬の健康を守ってあげましょう。

耳の掃除の仕方

用意するものは、コットンと、耳掃除専用のクリーナー(ローション)です。
イヤークリーナーを耳に数滴さし、犬の耳を持って、マッサージしながらクリーナーを馴染ませていきます。
しばらくすると、犬が勝手に頭を振って耳をブルブルさせますので、汚れが出てきます。

コットンで耳の中を丁寧に拭いておしまいです。
耳を傷つけないために、ゴシゴシしないように注意しましょう。
軽く押さえるように拭き取ることがコツになります。

耳が汚れやすい犬種は?

垂れ耳タイプや毛が多い犬種は特に耳の中が汚れやすいため、こまめに手入れしてあげるように気をつけましょう。
代表的な犬種には、ダックスフンド、プードル、アメリカンコッカースパニエル、シーズー、ヨークシャーテリア、ビーグル、ゴールデンレトリバーなどになります。

耳掃除を嫌がるのは、耳を触られることに慣れていないことが原因です。
人に触られることに慣れていないと耳掃除だけではなく、あらゆるケアが難しくなりますので、子犬のうちから、しっかりとスキンシップをとり、体を触られることに慣れさせておくことが大切です。