ポメラニアンのトリミング事情

トリミングそのものが飼い主としての楽しみになる犬種

ここ近年ではイエイヌにしやすい小型犬がブームになっています。
中でも人気が高い犬種としては、トイプードルやチワワ、ダックスフンドといったものがありますが、毛並みの良さということで選べばやはりポメラニアンは外せません。

ポメラニアンは以前よりマンションや高級住宅に住む高所得者層に人気の犬種でしたが、比較的お手頃な価格や方法で入手できるようになってからは一般向けとしても広く流通するようになりました。

ポメラニアンの最大の特長は小さな体を覆い尽くしている豊かな毛並みで、体全体が一回り大きく見えるほどの広がりをしています。

あまりトリミングをせずにそのままにしておくと、かなり全身が丸まったシルエットになってしまいますので、ほとんどの飼い主さんは定期的にトリミングをしてスマートな見た目に整えています。

数ある犬種の中でもこのポメラニアンのトリミングはかなり業界も力を入れているところで、独自のカットスタイルを提示して人気となっているお店があったりと幅広く選択をすることができるようになっています。

ポメラニアンの基本的なヘアスタイルとして挙げられるものとして「チャウチャウカット」「柴犬カット」「ライオンカット」「タヌキカット」といったものがあります。

ポメラニアンだからできるヘアの数々

人気のカットスタイルについてもう少し説明をしていくと、まず「チャウチャウカット」とは他の犬種であるチャウチャウ犬に似せて行うものです。

チャウチャウ犬は横に長い丸顔と短い胴が特長の犬ですが、ポメラニアンの顔周りをふんわり丸みを帯びた形で大きめに残し、体は短めに飼っていくことで頭の大きな可愛らしい見た目になります。

次によく見かけるのが「柴犬カット」というこれもまた別の犬種である柴犬に似せてカットする方法です。
こちらはサマーカット用に指定されることがよくあり、ポメラニアンらしい長毛をバッサリと切って短めに切りそろえることで小型の柴犬そっくりになります。

ライオンカットは文字通りライオン風に首周り以外の毛を短くバリカンで刈ってしまい、尻尾の先にだけ毛並みを残すという方法です。

タヌキカットはここ最近人気のあるカット方法で、全身に丸みを持たせるようにカットしていくことにより後ろから見た時のお尻の丸みがとてもキュートになります。

ポメラニアンは非常に陽気な反面神経質なところがある犬なので、あまり慣れていないうちに無理にトリミングをしようとすると激しく抵抗をしたり大きな声で吠えたりします。

ですが慣れてくるとトリミングやグルーミングは決して嫌いというわけではなく、施術中にウトウトしてしまうような犬も多く見かけられます。