トリミングサロンに行こう

シングルコート

犬種によって、毛の生え方が異なります。
シングルコートの犬種は、毛が一重で抜けにくい特徴があり、毛が伸び続けます。
そのため、定期的に毛をカットしてあげないと、伸びた毛が絡まって不衛生になったり、動けなくなることもありますので、きちんとトリミングをしてあげるようにしましょう。
シングルコートの犬種には、プードル、マルチーズ、ヨークシャーテリア、パピヨンなどになります。

ダブルコート

ダブルコートとは、毛が上下の二重になっていて、換毛期には下毛が生え変わる犬種です。
毛の生え変わる時期は年に2回、春と秋になり、その時期になると毛がまとまってスポスポ抜けます。
室内で飼っている場合には、部屋中のいたるところに毛が抜け落ちることになりますので、しっかりとブラッシングを行う必要があります。

カットする必要はありませんが、定期的にキレイにすることを考えれば、トリミングをして毛を衛生的に保ってあげることがおススメです。
ダブルコートの犬種には、チワワ、柴犬、ポメラニアン、ミニチュアダックス、ボーダーコリー、コーギー、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、秋田犬などになります。

濡れている犬

トリミングをする頻度

トリミングの頻度については、基本的に1ヶ月1回程度がおススメですが、季節や毛の長さ、犬種によって大きく異なりますので、愛犬の様子を見ながら適宜行うようにしましょう。
ただし、体力のない老犬などは、シャンプーやトリミングで負担がかかってしまうこともあります。
頻度やトリミングの仕方で負担を軽減することもできますので、トリマーの方と相談しながら手入れしてあげましょう。

トリミングにかかる費用

トリミングも人の髪の毛と同じでプロに任せることをおススメします。
お店によって価格設定は異なりますが、シャンプーで3千円程度、カットで5千円程度が目安になります。
オリジナルなカットを希望する場合には、トリマーと相談しながら仕上がりを考えてみてください。