爪の長さを整えよう

犬の爪が長くなるとどうなるの?

愛犬の爪切りが怖くてできない、あるいは苦手だという人も多いですが、犬の爪切りはとても大切なケアですので、ほっておくといろいろなトラブルを引き起こします。
室外で飼っている犬や、毎日たくさん外で散歩や運動をしているという場合には、地面との摩擦によって自然に爪が摩耗されますが、ずっと室内にいる場合や、運動量があまり多くない犬の場合は、爪が長くなってしまいがちですので、定期的に爪切りをしてあげる必要があります。

放おっておくと、どんどん伸びて、くるっと丸くなっていきます。
そうなると、体を掻いたときに傷つけてしまったり、物が引っかかりやすくなったり、ひどい場合には歩行が困難になってしまう可能性もあります。
爪がポキっと折れたり、爪が抜けてしまうケースもありますので、愛犬の爪の状態を見ながら、常に正常な長さに整えてあげるようにしましょう。

爪切りのときの注意点

犬の爪は、中に血管が通っています。
形状を理解しないで爪切りをしてしまうと、出血させてしまいますので、そうなると愛犬が痛い思いをしたり、後で菌が入って炎症を起こす可能性がありますので、十分気をつける必要があります。
どこまで切れば良いのかということを、きちんと知っておきましょう。

白い爪と黒い爪

白い爪をした犬の場合は、白い爪の中に赤く血管の部分が透けてみえます。
その部分までいかないように、手前までを切れば大丈夫です。
黒い爪の犬の場合には、血管部分が全く見えません。

そのため、飼い主の方が切りすぎてしまうケースが多くなってしまうのです。
黒い爪の爪切りの場合は、一気に切らず、少しずつ慎重に切っていくようにしましょう。

黒い爪の爪切りのコツは、少しずつカットし、その断面が湿ってきたり、少し白っぽいものが見えてきたら、血管の近くまできたサインですので、その辺りで爪切りを終えましょう。
人の爪切りでは切れませんので、犬用の爪切りを準備して行ってください。