トリミングの役割

トリミングが大切なワケ

トリマー

毛並みが整ってツヤツヤしている犬を見ると、健康的で手入れがちゃんとされているなと感じることがありますよね。
もちろん可愛く見せたいという飼い主の方の愛情の表れでもありますが、犬の全身を覆っている毛は、犬にとって大切な役割を果たしていますので、きちんとお手入れをしてあげる必要があります。

なぜトリミングは必要なのでしょうか。
そもそもトリミングとは、不要な毛をカットして揃えることを指しています。
似た言葉に「グルーミング」がありますが、グルーミングは「全身のお手入れ」を指していますので、トリミングはグルーミングの1つということになります。

トリミングをする資格を持つ人をトリマーと言い、近年のブームにより、トリミングサロンもどんどん増えています。
では、トリミングのオシャレ以外の目的について見てみましょう。

犬の毛・皮膚の健康チェック

犬は毛に覆われていて、パッと見ただけでは皮膚や毛の状態を確認することはできません。
トリミングを定期的に行うことで毛や皮膚に異常がないか、定期的にチェックすることができます。
特に湿気の多い梅雨や夏は、皮膚トラブルが起きやすい季節ですので、きちんとプロのトリマーに見てもらうことで、トラブルを早期発見することができるようになります。

毛を衛生的に保つ

長く伸びた毛を放置しておくと、不衛生な状態が続き、菌が繁殖して病気や悪臭を引き起こす原因になってしまいます。
特に、肛門周りや尿道付近の毛に排泄物がついたままにしてしまうとトラブルになりやすく、トリミングをして毛を衛生的に保ち、肛門腺絞りもしやすくなり、毛に排泄物がつくのを防ぐ役割があります。
また、犬の毛にはダニやノミがついていることが多いため、毛を減らして害虫がつきにくくします。

ケガや熱中症を防ぐ

犬の足の裏にある肉球の間からも毛が生えています。
肉球は、犬にとってクッションや滑り止めなどの役割がありますので、フローリングなどで暮らす愛犬にとって、毛が伸びた状態だと滑ってしまいます。
また、毛が長い犬種の場合、体温が上がってしまうときに毛を短くして熱中症予防をすることができます。