膀胱炎について

犬の膀胱炎の症状

膀胱炎とは、膀胱の粘膜が炎症を起こす病気で、犬にとっても珍しい病気ではなく、比較的多く発症する病気の1つです。
愛犬がいつも以上にトイレに行くようになったり、血尿が出たら膀胱炎の疑いがあります。
放おっておくと慢性化してしまう恐れがあり、再発しやすい病気のため、早期に対処してあげることが大切です。

膀胱炎の主な症状は、頻尿、尿の色が濁る、血尿などがあり、重度の場合には腹痛があることもあり、また、残尿感もありますので、よくトイレへ行くようになります。
発熱はほとんどありませんので、他の症状も疑われる場合には、早急に病院に連れていく必要があります。
飼い主の方がしっかり観察してあげましょう。

犬の膀胱炎の原因

犬の膀胱炎の原因で最も多いのが、細菌感染によるものです。
特にメスは、尿道が短く太い上に、オシッコのときに地面に接しやすいため、細菌性膀胱炎が起こりやすくなります。

他の原因には、尿の通り道の中に結石ができる膀胱結石があります。
この結石が、膀胱の粘膜を傷つけることで炎症を引き起こします。
水分の摂取量が足りない場合や体質、ミネラルの過剰摂取が要因となります。
他、糖尿病、加齢、体力の低下などが考えられます。

犬の膀胱炎の治療方法

細菌性膀胱炎の場合には、その細菌を特定し、抗生剤の投与で治療します。
主な原因菌は大腸菌、ブドウ球菌、プロテウス属となり、これらが半数以上を占めます。
まずは、抗生剤と炎症を抑える消炎剤で治療することが一般的です。

ほとんどのケースで、注射や飲み薬で早く症状が改善されます。
ただし、再発しやすい病気のため、症状が治まったからと薬をやめてしまうと、すぐに再発することがありますので、獣医さんの指示に従ってください。

膀胱炎にさせないためには

水分をこまめにとらせるようにしましょう。
ただし、結石の原因になる可能性があるミネラルウォーターは犬に飲ませないようにしましょう。
トイレを我慢させないことも大切です。
膀胱に尿が溜まっている時間が長いほど膀胱炎になりやすいため、尿をできるだけ我慢させないようにしましょう。