動物病院の選び方

かかりつけ病院を決めておく

人と同じように、愛犬にもかかりつけの病院を決めておくことをおススメします。
いつも同じ獣医さんに見てもらっていれば、愛犬の小さな変化にも気づいてもらえる可能性があるためです。
長い付き合いになれば、愛犬の特徴や性格も把握してもらえるので、愛犬に適した治療をしてもらうこともできます。

ずっと同じ病院なら、過去にかかった病気のカルテや検査結果がありますので、すぐに状態を確認することができます。
病気になってからではなく、日頃から愛犬の「もしも」のときのために、信頼できる病院を探しておくことが大切です。

自宅近くの病院を探す

愛犬がケガをしたり、具合が悪いことに気づいてすぐに見てもらうためには、自宅から近い動物病院を探すようにしましょう。
どんなに名医と聞いていても、自宅から遠い場所にある場合、緊急のときに間に合わない可能性があります。

愛犬のかかりつけ病院を探すのであれば、まずは「自宅から近い」病院がおススメです。
どのような病院があるか、ネット検索や、近所で犬を飼っている人から聞いても良いでしょう。
通いやすい場所にあって、評判が良さそうであれば、何かあったときや、予防接種のときに行ってみるようにしましょう。

動物病院を選ぶポイント

では、実際にどのようなポイントに気をつけて選ぶべきなのでしょうか。
まずは、病院が常に清潔に保たれているかをチェックしましょう。
そして、獣医さんやスタッフの犬への接し方、あるいは飼い主に対する接し方が適切であるか、安心して任せられるかどうかを見ましょう。
診察内容や診察料金について明瞭な説明がされたかどうか、その内容や請求額について納得できるかどうかも大事なポイントです。

また、獣医さんの技術や病院の設備が整っているかどうか、緊急時の対応は可能か、夜中でも見てもらうことはできるか、などがあります。
インターネットからの情報だけでは分からないことがありますので、気になる病院は、一度足を運んで飼い主自身の目で確認することが大切です。