寿命を知ろう

小型犬の平均寿命

小型犬の平均寿命は12~15歳と言われています。
チワワは超小型犬に含まれますが、ミニチュアダックスフンド、トイプードル、マルチーズ、シーズー、ポメラニアン、パピヨン、ヨークシャーテリアなどが小型犬に入ります。
小型犬は、成犬になるスピードが早く、その後は緩やかに年をとっていくと考えられます。

中型犬の平均寿命

中型犬

中型犬の平均寿命は11~15歳と言われています。
純血種は11~13歳で、雑種はもう少し長く、小型犬と同じくらいとなっています。
雑種が長生きする理由は、どんな環境にも対応できるように変化してきており、純血種よりも遺伝性の病気を持つ可能性が低いためと考えられています。

中型犬には、柴犬、コーギー、ビーグル、シェットランドシープドッグ、雑種犬などが含まれます。
ビーグルに関しては、先天性の病気が少なく、比較的寿命が長い犬種とされており、健康管理をきちんと行えば、20年以上生きるケースもあるようです。
大きな差はありませんが、小型犬よりも若干短いと言えるでしょう。

大型犬の平均寿命

大型犬の平均寿命は10~13歳と言われています。
大型犬は子犬から成犬になるまでの時間が小型・中型犬よりも長く、成犬になった後は一気に老化に向かいます。
大型犬の心臓は小型犬と同じサイズのため、骨格が大きければ大きいほど、心臓にかかる負担も大きくなり、寿命が短くなってしまうのです。
大型犬には、ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー、ジャーマンシェパード、グレートデンなどが入ります。

人間の年齢への換算方法

小型・中型犬の場合、成犬になるまでのスピードが早く、1歳には人間の15歳になっており、2歳には24歳に換算されます。
その後、3歳は28歳、5歳は36歳、7歳は44歳となり、10歳には56歳になっています。

大型犬の場合は、1歳には人間の年齢で12歳の換算と考えられ、2歳でもまだ19歳です。
3歳は26歳になり、5歳から一気にスピードが早まり、40歳となります。
7歳は54歳、10歳は75歳になっています。