結膜炎について

犬の結膜炎の症状

結膜とは、まぶたの内側にある粘膜を指し、炎症が起こり結膜炎を発症すると、かゆみや痛みが出てしまうため、目を異常に気にするようになり、しきりにこすったり、物や床に目をこすりつけたりという行動が目立つようになります。
この場合、たくさんこすって目が充血してしまったり、目の周りが涙で濡れたり、目やにが出ていることが多いです。
あるいは、まぶたをめくってみると、結膜が真っ赤になって腫れていることもあります。

犬の結膜炎の原因

片目だけに結膜炎の症状が出ている場合には、砂やほこり、まつ毛、またはシャンプーが目に入って結膜を刺激し、炎症を起こしている可能性があります。
両目に症状が出ている場合は、細菌やウイルス、アレルギー、涙の減少などが原因で発症している可能性があります。
ポメラニアンやシーズーなどは、逆さまつげにより結膜炎になりやすい犬種とも言われていますので、注意深く観察してあげましょう。

犬の結膜炎の治療方法

犬の結膜炎の治療方法は、主に点眼薬が用いられます。
少し傷ついた程度の軽度の結膜炎であれば、治療で比較的早く回復することがほとんどですが、傷が深かったり、アレルギーが原因であれば、回復までに時間がかかることがあります。

目やにの中には細菌が含まれているため、目やにがついたまま点眼しても十分な効果が得られません。
しっかりと目やにを拭き取ってから点眼をしてあげるようにしましょう。
犬の目の前から点眼薬をさそうとすると怖がりますので、愛犬を抱きかかえながら後ろから目薬が見えない角度からさしてあげるようにしましょう。

犬の結膜炎の予防策

犬の結膜炎の原因の多くがまつ毛や体毛の可能性が高いため、長毛の犬種であれば、目の周りを少し短くカットしてあげると良いでしょう。
あるいは、可愛くまとめてくくってあげるのもおススメです。
散歩コースに砂の多い場所があれば避け、草むらに入ったときなどは目にゴミが入りやすいため、散歩の後に目に異常がないかチェックしてあげるようにしましょう。