歯周病について

犬の歯周病の症状

犬に歯周病?と思われるかもしれませんが、実は人と同じように、成犬の約8割が歯周病か、予備軍であると言われています。
犬の歯周病の症状には、口臭がする、歯のぐらつき、歯肉や歯のつけ根が赤く腫れる、硬いものが噛めなくなり、口の痛み、歯肉が溶け始めたり、放置しておくと歯周病菌によって内臓の大きな病気に発展する恐れがあるため、しっかりケアを行う必要があります。

犬の歯周病の原因

歯周病は、歯周病菌によって引き起こされる病気で、歯と歯茎の間の歯周ポケットに細菌が入り込み、歯周病になります。
主な原因は、歯垢と歯石です。
歯垢とは、歯と歯の間や奥歯、歯茎つけ根に着いた細菌が繁殖して留まっている状態で、歯垢が唾液に含まれるミネラル物質によって硬く石のようになったものが歯石です。
硬くなった歯石は、歯ブラシでは落とすことができず、さらに増えていくのです。

犬の歯周病の治療方法

歯周病になってしまったら、炎症を抑える薬を用いて治療することがほとんどです。
そして、その原因となる歯垢や歯石を取り除き、根本的解決を図ります。
犬の治療の場合には、専用の器具を使いますが、口に器具を入れているときに犬が嫌がってケガをしてしまいますので、麻酔をかけて行います。

上手に歯磨きしよう

人であれば歯石をとるのに麻酔は必要ありませんが、犬の治療となると危険をともなうことになります。
日頃から愛犬の歯をきれいにしておくことで防ぐことができますので、きちんと歯を磨く習慣をつけることが大切です。

歯周病を防ぐには、歯磨きが一番です。
歯と歯茎についた食べかすなどの汚れをしっかり落としましょう。
歯磨きの習慣がない犬の場合、いきなり歯ブラシを口に入れると嫌がりますので、まずは口の周りを触ることに慣れさせ、次に口の中に指を入れ、その次は歯を触り、というように慣れさせていきます。

歯ブラシにも慣れたら、1本ずつ丁寧に磨いていきましょう。
人と同じで、日々のケアが大切です。