ミニチュア・シュナウザーの特徴と飼い方

近年人気が高まっているミニチュアシュナウザー

たくさんいる犬の中でもここ数年人気を集めている犬の一つがミニチュアシュナウザーです。
見た目の可愛さ、飼育のしやすさから飼う人が増えています。

飼育を始める前にはきちんと特徴や飼う際の注意点を知ってから飼うことが大切です。
事前に特徴を知り自分たちが飼育できるかどうかを判断してから迎え入れるようにしましょう。

ミニチュアシュナウザーの特徴はどういったものがあるか

ミニチュアシュナウザーは名前の通り小型犬です。
スタンダードシュナウザーという犬種を小さくしたものと言えます。

見た目の特徴として眉毛が長いことが知られています。
ドイツでは髭のことをシュナウツといい、小さな髭ということでこの名前が付けられたのです。

耳は垂れているのが一般的ですが立ち耳の犬もいます。
元々は短い尻尾と立ち耳が特徴でしたがこれは狩猟犬として活動していた時に邪魔にならないために耳と尻尾を切っていたためです。
今は動物愛護の観点からも耳や尻尾を切らない風潮が強くなっているので耳も尻尾も自然な形で残されています。

ミニチュアシュナウザーは毛が多いので抜け毛が多いように思われますが意外と抜け毛は少ないです。
こちらが抜かない限り伸び続けるので定期的にトリミングサロンに行き被毛のケアは必要ですが、自宅にはあまり抜け毛は落ちません。
体臭も少ないので室内犬としては飼育がしやすいです。

ミニチュアシュナウザーの性格

ミニチュアシュナウザーは賢く従順で飼い主の指示をきちんと守ることができます。
状況によって之判断力も高いですし理解力もあるのできちんとしつけをすればすぐに飼い主の指示を守って家の中で過ごせる犬種です。

好奇心が旺盛なのでいたずらをしてしまうこともあります。
元々は番犬だったので頑固なところもありますがきちんと教えれば理解ができますので飼い主とのコミュニケーションをしっかりと取り関係を作っていけばいたずらもなくなっていきます。

飼い主に対して従順ですし愛情が深いのでコミュニケーションはとても大切です。
信頼関係ができれば飼い主の話がきちんと聞けるようになりますし一緒に遊べるようにもなります。
番犬の中ではコミュニケーション能力も高いので子犬のうちから散歩に出たりドッグランに出かけたりして他の犬と交流する機会を持つと社会化が進み他の犬とも上手にかかわれるようになります。

ミニチュアシュナウザーを飼う際の注意点

飼育しやすいといわれているミニチュアシュナウザーですが、アレルギー性の皮膚炎や泌尿器科系の疾患など他の犬種よりも発症しやすいといわれている病気もあります。
定期検診を受けてできるだけこまめに健康状態を確認しておくと早期発見、早期治療ができ安心です。

また、飼い主も病気についての知識を持っておきましょう。
そうすると日常生活の中で異変にも気付きやすいです。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です