クレートトレーニングについて

犬のしつけに大切なクレートトレーニング

犬を迎え入れたらいろいろなしつけが必要です。
その中でも最近特に大切とされているものにクレートトレーニングがあります。

クレートトレーニングというのはクレートに入るトレーニングです。
犬がクレートが苦手ということも多いですし入ってもすぐに出てきたり、鳴いてしまったりする犬もいます。
クレートトレーニングをするのにはいくつかのコツがあります。

クレートトレーニングの必要性とその方法

日本では犬が入る小屋のことをケージと呼びますが、英語ではクレートといわれることが多いです。
そのためクレートトレーニングといわれることが一般的となっています。

クレートトレーニングは犬が飛行機や車の移動をする際に犬を入れておくことのできるクレートに入って置けるようにするトレーニングのことです。
子犬のうちは好奇心が旺盛であり外に興味もありますしじっとしていることが得意ではありません。
そのためクレートのふたを閉めてじっと座っているように言われることは苦手です。

小さいうちはクレートに入れておくと鳴いてしまうことが多いですし出ようとすることもあります。
しかし、トレーニングを重ねていくうちにクレートが安全な場所であることを理解して自分から入るようになっていくのです。
これで移動の時にも落ち着いて過ごせるようになりますし、災害時にもクレートに入れて移動することができるようになります。

クレートトレーニングの方法

クレートトレーニングとして最初にクレートに入ることに抵抗なくできるようにすることから始めます。
クレートは犬が落ち着ける場所に置くことが大切です。
子犬のうちは家族と一緒に過ごしたい気持ちがありますから慣れるまではリビングの真ん中のような家族がいる場所に設置するようにします。

トレーニングをする際は集中して行いやすいように満福ではないタイミングにすることが効果的です。
トレーニング時間は15分程度にします。

クレートに入ったらおやつをもらえるということを繰り返すと自然と犬はクレートに入るといいことがあるということを学び繰り返すことができるようになります。
次第におやつを上げる回数を減らし指示でクレートに入るようにしていくとおやつ無しでもクレートの中に入れるようになるのです。

ただ、子犬のうちはクレートに入ってもすぐに出てきてしまうことがほとんどです。
しかし、出てきたらまた中に入るよう指示しておやつを上げるようにします。
繰り返していき慣れてきたらクレートの扉を閉めても中に入れるように少しずつ教えていき犬にとってクレートが安心できる場所、長くいてもいい場所ということを教えていけば最終的に長時間クレートの中で過ごせるようになるのです。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です