愛情を込めて名前を付けよう

犬が聞き取りやすい名前

犬には「あいうえお」の母音は聞き取れるのですが、「か行、さ行、た行、な行…」などの子音は聞き取りにくいと言われています。
母音の中でも「あ・う・お」がより聞き分けしやすいそうなので、この音から選んで付けてあげるとわかりやすいかもしれません。

愛情ゆえに、世界に1つだけの可愛いキラキラネームを!とつけたところで、愛犬が理解しなければ意味がありません。
ユニークであることは良いことですが、できるだけ犬が自分の名前だと理解しやすいものをつけてあげましょう。

シンプルで短く

あまり長い名前だと、しつけやトレーニングのときに、飼い主の方も不便ですし、愛犬も自分が呼ばれているのかどうか、わかりにくくなる可能性があります。
できるだけシンプルで短い名前がおススメです。
長い名前にする場合には、短い愛称をつけてあげると良いでしょう。

オス・メス区別がつきやすい

オス・メスの区別がつきやすい名前であれば、愛犬同士のトラブルを防ぐことができます。
特にメスが生理中のときはいろいろと気を付けてあげなければいけませんので、他の飼い主の方も性別が見分けやすいものを選びましょう。

家族の名前に似たものは避ける

犬が自分が呼ばれていると気付かず「言うことをきかない」と勘違いされてしまう可能性がありますので、日常生活でよく耳にする言葉や、家族の名前や近所の犬に似たものは避けるようにしましょう。

犬の特徴から考える

愛犬はどんな体格をしていますか?小さければ「チビ」「マメ」など、毛が黒ければ「クロ」、白ければ「シロ」、わかりやすくシンプルなものも、ベーシックですが愛着のわく名前となるでしょう。
また、アニメや映画のキャラクターに似ている、春にやってきたから春の花の名前、生まれた季節にちなんだ名前、愛犬の幸せを願って「ラッキー」「ハッピー」「ラブ」など、幸せに過ごしてほしいと思いを込めてつけてあげるのも素晴らしいですね。

【紹介サイト】
犬が理解しやすい「名前」とは?