犬の飼育にかかる費用

犬を飼うために必要な道具を準備しよう!

犬を飼育するための必需品は犬を迎え入れる前までに準備しておきましょう。
下記の他にいずれは首輪、おもちゃ、おやつ、リード、犬用爪切りや犬用ブラシなども必要となるでしょう。

<主な飼育用品>
・トイレ
・ペット
・シーツ
・キャリー
・サークル
・犬用ベッド
・ドッグフード
・計り
・食器
・自動給水機(長時間お留守番させる際に使用)
・容量が大きく臭い漏れしないゴミ箱

犬の購入費用のほかに上記の準備が必要であることを覚えておきましょう。

食費・薬代(治療費・ペット保険料)はいくらかかる?

犬を飼い始めると毎月いくらくらいの出費がかかるのでしょうか。
犬種、大きさ、年齢などによってかかる費用は変わりますし、多頭飼いかどうかでも費用に差が出ます。

まず毎月、必ずかかる費用が食費です。
犬の食事としてドッグフード、果物、野菜、ササミなどの肉類などが挙げられます。

風邪をひいたり、胃腸を悪くしたときなどは特別な食事が必要になるでしょう。

ドッグフードも多くの種類やブランドがあり費用は変わります。
お得なお値段の大容量のフードもあればプレミアムドッグフードと呼ばれる有機栽培の野菜や質の良い肉にこだわった非常に高級なドッグフードもあるため、毎月の食費の予算は予め決めておきましょう。

犬が病気にかかってしまったときは動物病院に行く必要があり医療費がかかります。
病気にかかることを防ぐため寄生虫やダニ、ノミなどを予防する薬をもらったり、混合ワクチン接種、狂犬病予防接種を受けることもできます。
病状にもよりますが、医療費は数万から数十万かかるケースもあります。
必要ならばペット保険に加入することで医療費を抑えることができるでしょう。

お手入れにかかる費用

トイプードルやロングコートチワワなど、毛が伸び続けてしまう犬種の場合は毎月トリミングが必要です。
短毛種でそれほどお手入れが必要ない場合と頻繁にトリミングを必要とする犬とではお手入れにかかる費用に大きく差が出ます。
トリミングの間隔が空いてしまうと、毛のもつれや毛玉ができる原因になるため3ヵ月に1回程度はトリミングに行くことをおすすめします。

トリミングにあまり費用をかけたくないのなら、自宅でトリミングすることもできます。
自宅でのトリミングに必要なものは、犬用シャンプー、ブラシ、爪切り、カットばさみ、梳きばさみ、バリカン、くしなどです。
自宅でトリミングする際は、トリミングテーブルがない家がほとんどだと思いますので、テーブルや机の上に滑り止めを敷きその上に犬を乗せてカットしましょう。
慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、何回か試しているうちに上達してきますし、長い目で見て飼育費用の節約に繋がります。