ドッグウェアを選ぼう

ドッグウェアの用途

ドッグウェアは、愛犬を可愛く見せるだけではなく、愛犬を守ってあげる用途もあります。
今や世界中の犬種が日本にも当たり前のように生活していますが、やはり日本の暑さ寒さに弱い犬種が存在します。
例えば、チワワなどのような毛のない犬種は寒さや紫外線に弱く、ドッグウェアを着せて体温調節をしてあげましょう。

また、ドッグウェアを着せて外出することで、カフェや犬と一緒に入れる公共施設でも抜け毛を防ぐことができますので、とてもおススメです。
雨の日にはレインコートを着せてあげれば、汚れ防止はもちろん、雨に濡れて体温が下がってしまうこともありません。

サイズの図り方

ドッグウェアは、愛犬が窮屈に感じたり、逆に大きくて歩くときに妨げになってしまわないように、愛犬に合ったサイズを選ぶようにしましょう。
購入する前に、愛犬のサイズをきちんと測っておきましょう。

首周りは、首輪の付け根位置を測り、胴回りは、前足の付け根周りの一番太い部分をぐるりと背中一周させましょう。
ドッグウェアを選ぶ際、この胴回りが大切になります。
背丈(着丈)は、首周りからしっぽの付け根まで、背骨に沿って測るサイズになります。

注意すること

どれだけ飼い主の方が愛犬のために、と嫌がる愛犬に無理やり着せてしまうと、かえってストレスになってしまいます。
すっと抵抗なく着てくれるのであれば問題ないですが、嫌がる場合には、最初は袖のないタイプから徐々に慣れさせて、ドッグウェアを着たらおやつをあげるなど、喜んでドッグウェアを着るようになるまで根気よく慣れさせましょう。

ドッグウェアも多種多様のものが売られており、素材も様々です。
化学繊維のドッグウェアの場合、静電気を起こしやすかったり、ものによっては愛犬の皮膚に合わないものもあります。
お値段も大切ですが、できれば天然素材のもので、着心地が良いドッグウェアを選んであげると良いでしょう。