犬はどこで飼う?

外で飼うべき?室内で飼うべき?

犬は昔から外で飼われているというイメージがありますが、犬が外にいると、運動ができる、番犬になってくれるといった良さがあり、現代でも中型・大型犬は外で飼うことが一般的とされています。
ただし、本来、犬は群れのなかで生活する特徴を持っていますので、一人外で過ごす時間が長くなることは、ストレスになることもあります。
室内・室外で飼うことのメリット・デメリットをそれぞれ考慮して選択してください。

室外で飼うメリット・デメリット

室外で飼うことのメリットは、トイレなども外でしてくれますので、家の中に臭いや毛の気にする必要がありません。
また、番犬の役割をしてくれますので、一戸建てのお家は外で飼うケースが多い傾向にあります。

室外で飼うデメリットは、室内で飼うよりも目が行き届かないことが多いため、ケガなど何かトラブルがおきても発見が遅れる可能性があります。
また、脱走などの恐れもありますので、放し飼いにせず、リードに繋いでおくことで防ぐことができます。
コミュニケーションをしっかりとって、小さな変化も見逃さないようにする必要があります。

室内で飼うメリット・デメリット

室内で飼うメリットは、やはり身近で細かいケアをしてあげることができ、病気など何か起こってもすぐに対応ができることです。
加えて、犬は群れで生活する習性がありますので、1頭で外にいるよりも、室内で家族と飼い主といた方が安心して生活することができます。

室内で飼うデメリットは、家の中が犬臭くなってしまうことと、抜け毛の対策が必要になることです。
トイレを室内でさせることになりますので、しつけをきちんとしておく必要があります。
また、きちんと片付けていない場合、家中の物が壊されたり、かじられたりする覚悟もしておかなければいけません。

どちらがおススメ?

犬の習性やケアの面では室内で飼うことが望ましいと言えます。
大型犬でもそれなりに広さがあれば十分に室内犬として飼うことができます。
飼い主の方の事情や環境、犬の特徴などをふまえてどちらがいいか選択しましょう。