飼いたい犬種を選ぼう

ライフスタイルを考える

犬を飼うと決めたら、お家のライフスタイルを考えてみる必要があります。
飼いたい犬種を飼えれば一番良いですが、必ずしも飼いたい犬と飼える犬が同一ではないこともあります。

自分のライフスタイルは、どんな犬種に向いているのか、どんな犬種なら飼えるのか、きちんと判断しましょう。
飼ってから「こんなはずでは」と後悔したり、犬に悲しい思いをさせないためにも、犬種選びの際には慎重に行うようにしましょう。

ゲージの中のペット

十分に愛犬が運動できるスペースがある

田舎暮らしで庭が広い一軒家や、都会の中のマンション住まいでも、近くに大きな公園があったり、ドッグランスペースがある場合には、十分に愛犬が運動できるスペースがありますので、恵まれた環境といえます。
大型犬でも小型犬でも、好きな犬種を選ぶことができます。
ただし、静かな環境である場合、あまり吠えない犬種を選ぶという選択肢もあります。

周囲へ配慮が必要な環境の場合

都会の住宅街のど真ん中であったり、ペット可のアパートやマンションの場合には、臭いや無駄吠えについても配慮しなければいけません。
犬を飼う以上、多少の臭いや吠える声は仕方がありませんが、おとなしく、無駄吠えの少ない性格の犬種を選ぶと良いでしょう。
スペースに余裕があるのなら、ゴールデンレトリバーのような大型犬もおススメです。
また、小型犬であれば、吠えても気になりませんのでチワワなどでも良いと思います。

一人暮らしや留守にしがち

犬を育てるには、食事の世話や散歩、しつけやその他、毎日時間をかけてあげなければいけません。
その時間をどれくらいかけてあげれるかによっても、犬の選び方が変わってきます。
一人暮らしで仕事に出た後、ずっと留守番をさせてしまう、あるいは家族がいても皆家をあけて留守にしがちという家庭では、あまり犬を飼うのに適しているとは言えません。

できるだけコミュニケーションをとり、愛犬にしっかり愛情を注いであげれる環境がベストです。
留守番をさせてしまう環境の場合には、大型犬ではゴールデンレトリバー、小型犬ではパグ、フレンチブルドッグなど、我慢強い温厚なタイプの犬種がおススメです。