犬の食事のあげかた

幼犬は様子を見ながら

この時期の子犬は、成長期ですので、栄養をしっかりとらなければいけません。
高い栄養価が必要になりますので、食事には細心の注意をはらってあげましょう。
ドッグフードのパッケージに体重とその適正量が記載されていますので、基本的にその量に従って与えるようにします。

多く与えても大丈夫ですが、下痢をしたり嘔吐してしまう場合もありますので、犬の様子を見ながら加減します。
子犬は1回に食べれる量が少ないため、1日3~4回に分けてあげましょう。

生後6ヶ月以降、見た目はほぼ成犬と同じになり、1回に食べる量も増えてきます。
様子を見ながら、1日2回にしてみましょう。
食事量は、9ヶ月以降減らしていきます。
このあたりから急激な成長がおさまり、ゆるやかになりますので、食べ過ぎは肥満の原因になってしまいますので注意しましょう。

成犬の食事のポイント

一般的に、1歳ごろから成犬と呼ばれるようになります。
この時期が最も活発になる時期なので、ドッグフードも成犬用に変え、1日2回朝晩にあげるようにします。
食事量は、ドッグフードのパッケージに記載された体重別の量を目安にすると良いでしょう。
5~7歳あたりから、エネルギーの消費量も落ち、運動量も減ってきますので、コンディションを見ながら、食事量を減らしてみましょう。

老齢犬の食事のあげ方

小型・中型犬は8歳から、大型犬は7歳くらいから老齢犬と呼ばれるようになります。
成犬時に比べてエネルギーの消費量が落ち、運動不足になりがちなので、便秘になりやすくなります。
食物繊維が多く含まれる食事を与えるようにしましょう。

また、老齢化すると、1回に食べられる量も減ってきます。
食べきれずに残すようになったら、回数を増やしたり、高カロリーの食事を混ぜるなどして工夫してみてください。
特に食事量が減ることがないようであれば、それまで通りで大丈夫です。
老齢犬専用のドッグフードの利用が便利でおススメです。