犬の睡眠時間について

犬の睡眠時間

犬の睡眠時間は、1日12~18時間と言われています。
犬それぞれの性質、飼われている環境、仕事、警戒しているかどうかなどによって異なります。
子犬の場合、成犬よりも睡眠時間が長く、深いようです。
老犬になると、睡眠時間が長くなる傾向にあるようです。
このように、睡眠時間は成長度合いによって異なりますが、超大型犬の場合には比較的長く、牧場犬などの作業犬は比較的短いとも言われています。

1日の半分以上寝て過ごす犬ですが、ぐっすり寝ているわけではなく、浅く寝ては起きたりしているようです。
犬にかぎらず、どの動物にとっても、生きる上で睡眠は大切ですので、睡眠時間とその質のよさを確保してあげましょう。

幼少期の睡眠

とにかく好奇心旺盛で起きている間動き回っている幼少期の犬は、たくさん運動しますので、エネルギー消費が激しく、十分な睡眠が必要となります。
疲れをとるために、18~19時間もの睡眠時間が必要と言われています。
子犬の時期は、1日のほとんどを睡眠に費やしていると考えて良いでしょう。
寝すぎと起こしたりせず、たっぷり寝かせてあげて、成長を見守ってあげましょう。

成犬期の睡眠

成犬期は、体力面と精神面が落ち着く1歳半を過ぎたころから成長のピークとなり、幼少期や老齢期よりも短くなるようです。
その睡眠時間は12~15時間と考えられています。
普段よりも長く寝ているようであれば、病気やストレスによるものである可能性がありますので、注意深く観察し、問題があるようなら病院で診てもらいましょう。

老齢期の睡眠

老齢期に入る8歳頃には、幼少期のように18~19時間と睡眠時間が長くなります。
老齢ゆえに体力が衰えてきますので、回復に時間がかかるためと考えられます。
老齢期にはすっかり性格も落ち着いて、穏やかで、ゆったりとした1日を過ごすようになります。
幼少期のように1日のほとんどを寝て過ごすことになりますが、邪魔せずに、静かに過ごせるように見守ってあげましょう。