散歩中に他の犬と吠え合ってしあう

なぜ吠える?それは社会性の欠如

他の犬と吠え合ってしまう理由は、社会化が不足していることが要因と考えられます。
子犬のときに、人や他の犬とのコミュニケーションが足りず、社会性があまり育まれなかった犬に見られます。
怖がっていたり、びびっている状態のときに、その恐怖や威嚇行動として「寄ってこないで」というアピールのために必死に吠えているのです。
あるいは、飼い主や自分を守るために吠えているケースです。

吠える前には、ウゥと唸ったり、足をとめて身構えたり、リードを引っ張るなどの行動を起こしますので、吠えるサインが出たら、愛犬が他の犬を見ても吠えなくて済むような対策を試してみましょう。

犬を見ても吠えなくする方法

吠えるからと、相手の犬と仲良くさせようと近づくのは逆効果です。
もちろん、叱りつけたり、叩いたりするのは更にNGです。
もっと犬が吠えてしまう可能性がありますので、吠えるのを止めさせるよりも、落ち着かせることにポイントをおくと良いでしょう。

「おすわり」「待て」などをさせ、相手が通り過ぎるのを待つようにします。
または、手におやつを持って、飼い主の顔の方に愛犬の注意を向けさせます。
アイコンタクトをしつけることも有効です。

または、相手の犬の真正面から近づくのではなく、大きく弧を描くように普通の速度で歩き、何事もなかったかのように過ぎ去れば良いのです。
根本的な解決として、いつも合う相性の悪い犬がいる時間帯を避けて散歩に行く、散歩コースを変えてみるというのも吠え合うことを回避する方法です。

飼い主は落ち着いて対処を

飼い主の方が相手の犬が来たことに緊張し、動揺してしまっては、その動揺が愛犬にも伝わって吠えだしてしまいます。
どんと構え、落ち着いてその犬を回避できればそれで無駄に吠え合うことを防ぐことができます。
そのためには、日頃から愛犬とたっぷりスキンシップをとり、深い信頼関係を築いておくことが大切になります。