血統書って何?

犬の血統書がある理由

血統書があることにどんな意味があるのでしょうか。
犬の血統書は「あったらいいもの」「どんな親から生まれたか証明するもの」というイメージがありますが、実際に血統書って何?と聞かれるとあまり理解できていない飼い主の方も多いと思います。

血統書は正しくは「血統証明書」であり、その名前の通り、両親である血筋を証明するものになります。
犬の価値を示すものではなく、その犬種が「純血種」であることを証明するものです。

血統書はどこから発行されるの?

血統書が付いているからと、犬の値段が他の子犬よりも高いことがあります。
この血統書を発行する団体は日本国内にいくつかあり、代表的なものに「ジャパンケネルクラブ(JKC)」とよばれる団体があります。
国際畜犬連盟に加盟しているクラブで、血統書の発行をはじめ、日本において犬の品種の認定、および犬種の犬種標準指定、ドッグショーの開催や犬の飼育の指導、公認資格試験の実地なども行っています。

他にも、公益社団法人「日本警察犬協会」、NPO法人「日本社会福祉愛犬協会」などがあります。

血統書に記載されている内容

血統書の内容は、発行する団体によって異なりますが、主に犬名、犬種名、DNA登録番号、ID記号、繁殖者、所有者、譲渡年月日、父親の系統図、母親の系統図、チャンピオン賞歴などになります。
ここでいう犬名とは、飼い主が付ける名前のことではなく、ブリーダーが付ける名前を意味しています。
ドッグショーなどで賞をとった犬にはCH(チャンピオン)などの称号が与えられ、血統書に記載されます。

血統書詐欺に注意!

血統書付きと偽り、犬や猫を販売する悪質な事件も発生しています。
血統書そのものが偽物だったり、「血統書付き」と言いながら、後から送ってこないケースなどがあります。
そういった詐欺の疑いがある場合には、売買契約の無効を主張できますので、国民生活センターなどに相談されることをおススメします。