犬が子供に与える良い影響はありますか?

優しさと愛情深さが育まれる

犬を飼うことは、子供の人格形成において大きな影響を及ぼします。
犬と交流することで、優しさや愛情を注ぐことを学ぶことができます。
犬とのスキンシップによって、ストレスが緩和されて、幸せな気分をもたらしてくれます。

犬は飼い主と信頼関係を築くことで、無限の愛情と、絶対的な信頼を寄せてくれます。
犬は子供にとって大きな癒しであり、精神的な支えとなってくれることでしょう。

責任感がある子に育つ

犬を飼うということは、可愛いがるだけではなく、散歩やトイレの世話、食事をあげたり、しつけをしたり、あらゆることをしなければいけません。
命を預かる行為ですので、責任感が培われます。
ときには友達のように、ときには母親のように、子供なりに犬に向き合って成長していきますので、犬を飼うことはどういうことか、子供ができる範囲で、犬の世話を任せてみることをおススメします。

相手に対する加減を知る

子供は力の加減がわからず、相手のことを構わず叩いたり蹴ったりすることがあります。
兄弟がいればケンカをして自然と加減がわかってくるのですが、一人っ子が増えた現代では、その加減ができないという子供も多いでしょう。
子供が犬にちょっかいをかけたりすると、犬に引っかかれたり、軽く咬まれたりと、嫌なことをされると意思表示をしますので、子供もだんだんと力の加減がわかってきます。
犬と触れ合うことで、相手に対する力加減を少しずつ学習することができます。

命の大切さを学ぶ

人とは異なる命との触れ合いを通して、ともに生活して成長する課程を経て、命の大切さを学ぶことができます。
愛犬もいつかは寿命を迎える日が来ます。

その日に立ち会った子供は、死というものを肌で実感し、命について考える機会を持つことになります。
またその辛さを乗り越えることで、貴重な経験となりますので、犬を飼うことは、子供にとっても家族にとっても良い影響があると言えるでしょう。