臭いが気になる

愛犬の臭いが気になる方は

どんなにシャンプーをしても、犬にはもともと犬特有の臭いがありますので、自分では気付かなくても、犬を飼ってない人からすればすぐに気付かれてしまう場合があります。
友達を家に招待したときに、「犬飼ってるの?犬の臭いがする」と言われた経験がある方も多いのではないでしょうか。
家族は慣れてしまっても、来客があるときにはとても気になりますよね。
犬の臭いが気になる場合には、その臭いの元を知り、可能なかぎり対処できるようにしておきましょう。

犬特有の臭いは汗腺の影響

犬には足の裏にある「エクリン腺」と、体全身にある「アポクリン腺」の2種類の汗腺があります。
臭いの元となるのは「アポクリン腺」で、人の脇下にある汗腺が、犬には全身にあるため、その汗腺から出る皮脂が、汚れや菌と混ざって臭いを発生させています。

では、シャンプーをこまめにすれば良いかというと、皮膚や毛に必要な皮脂まで除去してしまうため、頻繁にすることはおススメできません。
そんなときには、毎日のブラッシングが効果的です。
毛並みを整えるだけではなく、フケや汚れを取り除き、臭い予防の効果があります。

犬の口臭がきつい

犬の口臭がきつい場合には、歯周病などの疑いがありますので、歯や歯茎のケアをしっかりしてあげるようにしましょう。
犬の歯磨きの習慣をつけるようにして、しっかりとオーラルケアをして臭いの元を断つようにしましょう。
また、高齢になるほど口内環境が悪くなりがちですので、子犬の頃から歯磨きに慣れさせて、歯周病の原因になる歯垢や歯石を歯につかないようにすることが大切です。

肛門腺の臭い

犬の肛門の左右には、肛門腺と呼ばれる臭腺があります。
この肛門腺に分泌液が溜まると独特な嫌な臭いを放ちます。
小型犬や運動不足の犬、去勢をしている犬などは、自然に排出されずに臭いの原因となってしまうのです。
動物病院やトリミングサロンで絞り出してもらうようにしましょう。