しつけ教室の種類が知りたい

しつけ教室ってどんなところ?

愛犬にしつけを教えるということは、愛犬が人間社会で生活する上で必要なことですので、愛犬の命を守ることに繋がります。
飼い主のためではなく、人と犬とが共存するために必ずしなければいけないということを認識しましょう。

実際にしつけ教室ではどのようなことを教えるのでしょうか。
犬のための教室ではありますが、飼い主さんも学ぶことがたくさんあります。
子犬の頃から通うこともできますし、成犬になってからのしつけにも利用できます。

ペットブームにより、しつけ教室の数も種類も増えています。
どのような種類があるか紹介します。

犬の保育園・幼稚園がある?

愛犬も家族の一員という考え方が定着した現代では、しつけ教室に通うことも一般的になってきました。
しつけ教室の種類には、保育園や幼稚園があり、ある一定期間預ける場合と、通いで受ける場合もあります。
他にも、個人のドッグトレーナーが行うしつけ教室もあり、プロのトレーナーから直に教わることで、一対一で丁寧な対応をしてもらうことができます。
出張で来てもらえる場合もありますので、忙しくて時間がとれないという飼い主の方にはおススメのしつけ教室です。

動物病院やペットショップが行うしつけ教室

最近では、動物病院やペットショップでも、しつけ教室を行うところが増えてきています。
かかりつけの病院や、信頼できるペットショップであれば、参加しやすく、いろいろ質問しやすいというメリットがあります。
動物病院であれば、病気のことについても相談できますので、たいへんおススメです。

しつけ教室から帰ったら

しつけ教室に愛犬を通わせればどんな犬でも「いい子」になるとイメージしてしまいがちですが、最も大切なことは、いい子になって帰ってきた後、飼い主の方が適切に接することです。
トレーナーの言うことはきいても、飼い主の方がしつけを理解しておらず、犬が戸惑うことで「言うことをきかなくなる」可能性があります。
時間が作れるのであれば、飼い主の方もしつけ教室に参加し、しつけについての理解を深めることをおススメします。