ペットの葬儀はどうやって執り行う?

愛犬の葬儀をするという考え

昔はペットが亡くなった場合には、自分たちで埋めてお墓を作ったりすることが普通でしたが、ペットを家族の一員として考える現代において、ペットの葬儀も執り行う家庭が増えています。
その需要にともない、ペットの葬儀を取り扱う会社も増加していますので、ペットの葬儀をきちんとしてあげたいと考える場合には、ある程度事前に情報収集をしておくと良いでしょう。

愛犬を清め、葬儀社に予約を

まずは愛犬にブラッシングをして、体を綺麗にしてあげましょう。
汚れがある場合は拭き取り、できるだけ清めてあげてください。
爪が伸びていたり、毛が長すぎる場合にはカットするなど、できるだけ綺麗な状態で見送ってあげましょう。

愛犬を適度なサイズの箱にいれたり、市販のペット用の棺に入れてあげます。
そしてペットの葬儀を受け付けている葬儀屋などに連絡をとり、予約をとります。
多くの場合が動物病院などと提携していますので、かかりつけの病院で紹介してもらったり、インターネットで検索されると良いでしょう。

葬儀の仕方は多種多様

本格的に見送りたいという方から、簡単に済ませたいという飼い主の方もおられます。
どのように見送ってあげたいか、飼い主の方の好みや費用との相談になりますので、ペット葬儀を取り扱う業者に相談されると良いでしょう。
多くの場合、火葬して見送る考えが一般的です。
他のペットとの合同にするか、個別にするのか、お墓を購入するのか、それとも散骨にするのか、自宅に保管して供養するのかなど、選べる火葬タイプはたくさんあります。

愛犬が亡くなってすぐにこれらのことを一度に考えることは難しいと思いますが、夏場などは急いで葬儀を行う必要性がありますので、愛犬が年老いた、重い病気になった場合などは、前もって考えておくことも大切です。
また、各自治体でも遺体を引き取ってくれますので、その利用方法や料金について確認されると良いでしょう。