犬と猫を一緒に飼う際の注意点は?

犬も猫も飼いたい

動物が好きな人の中には犬も猫も好きという人が多いです。
犬も猫も好きという人はできれば犬も猫も一緒に飼育をしたいと考えます。

ただ、犬と猫を一緒に飼うことは決して簡単なことではありません。
飼育し始める前にきちんと両者の習性を理解しておくだけでなく飼育の注意点も知っておく必要があります。
犬も猫もストレスを溜めないためには飼い主の管理がとても大切です。

環境を整えることが大切

犬も猫も自分のテリトリーが大切です。
そして性格にも違いがあります。

犬は好奇心が旺盛ですが猫はそっとしておいてほしいものです。
特に子犬は誰にでもすぐに近寄るため猫が寝ていても突然じゃれてしまうことがあります。
そのようなことがあると猫は激しく腹を立てて爪を立ててしまうこともあるので気をつけましょう。

犬も猫もきちんと落ち着いて過ごせる場所を用意すること、特に猫は一匹で静かに過ごせる場所を確保することが犬と猫がお互いに仲良く生活をするためには必要です。
猫は高い場所を好むので高い場所に猫だけの空間を作ってあげると落ち着けますしストレスも少なく過ごせます。

犬と猫が一緒の空間で過ごすのは完全にお互いが慣れるまで危険です。
ちょっとのことで突然ケンカに発展することもあります。
そのため犬と猫を同じ空間で過ごさせる場合には必ず飼い主が見ている時間だけにすること、初めは短い時間から始めて少しずつ一緒に過ごす時間を長くしていくことが大切です。

生活スペースはそれぞれに用意をする

排泄や食事の時間というのはお互いが無防備に過ごす時間です。
そのためお互いリラックスして過ごせる環境を整える必要があります。
食事と排泄の場所はできるだけ離して確保してあげましょう。

その際、先住犬・先住猫のスペースは変えないようにします。
生活スペースが少しでも変わるとストレスです。
元々いた方はスペースを変えることなく互いの生活スペースが近くならないよう配慮して場所をとるようにしましょう。

また、食事の場所を離すのは互いの食事を間違えないためにも必要です。
犬と猫はどちらも肉食動物ですがそれぞれのフードの中に含まれている栄養は全く違いますし摂取することが望ましくない栄養成分も含まれています。
特に猫はキャットフードではなくドッグフードを食べてしまうとタウリン不足になり体調不良を起こすこともあるので気をつけましょう。

性格をよく考える

犬も猫も性格があります。
そして性格によって相性があるものです。
そこで一緒に買う際には相性を考えてあげるようにしましょう。

おとなしい犬や猫を飼っている場合には後から来る犬や猫がアクティブな性格だとストレスを溜めてしまうことになります。
お互いが気持ちよく過ごせるよう相性の良い組み合わせを考えてることはとても大切です。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です