犬がおしりを嗅ぐのはどうして?

犬はお尻のニオイを嗅ぎたがる

犬は散歩の際、他の犬に会うとお尻のニオイを嗅ぐことがあります。
これは見慣れない人にとっては面白い行動に思えますし人によってはやめさせてることもあります。

しかし、犬にとってはお尻のニオイを嗅ぐことは大切なことです。
なぜお尻のニオイを嗅ぐのでしょう。

犬がお尻のニオイを嗅ぐ理由

動物はお互いのことを認識するのに視覚、聴覚、嗅覚を活用します。
人間はほとんどを視覚で認識しますが犬は嗅覚が大切です。

嗅覚で相手のことを認識するためにお尻のニオイを嗅いでいます。
お尻には肛門腺という部分があり、ここから出てくる分泌物は犬によってニオイが違うのが特徴です。
そこで、お尻のニオイを嗅ぐとその犬のニオイがわかるので相手の認識をすることができます。

犬は人間と違い視覚があまり発達していません。
視力も高くないですし色も判別ができないとされています。
その分嗅覚は優れており嗅覚を使って視覚で判断できない部分を補っているのです。

犬の嗅覚はとても優れている

犬は嗅覚の能力がとても高いといわれています。
犬の嗅覚の能力は嗅ぎ分けられる物質の種類と感度が人間よりもとても高いです。
人間が400個の受容体数があるのに対して犬はその倍の800もあるとされています。

犬の嗅覚は感度も高く人間の1億倍もあるといわれています。
とはいえ犬によって物質の判別の得意・不得意もあるのですべてのニオイが判別できるわけではありません。
ただ、人間の汗のニオイから犬は管需要を読み取ることもできるといわれており嗅覚はとても高くたくさんの情報を嗅覚で収集していると言えます。

お尻を嗅いでも臭くないのか

犬は嗅覚が優れている、感度が高い、ということが言われているためお尻のニオイを嗅ぐことは臭いと感じないのかと疑問に思うものです。
ただ、犬にとってはお尻で感じる糞のニオイや肛門腺のニオイは決して臭いと感じません。
臭いかどうかという判断は文化的なものです。

犬は野生で生活をしている時には食糞といって自分の糞を食べて栄養を補給することもあります。
そのため犬は糞のニオイ自体に臭いという感覚が無いので抵抗なくニオイを嗅ぐことができるのです。

人間はどうしても犬が他の犬のお尻のニオイを嗅いでいるのを見ると止めてしまうことがあります。
相手の犬に不快な思いをさせるのではないか、不衛生ではないかという気持ちがあるとどうしても止めてしまうものです。

しかし、犬にとってはお互いのお尻のニオイを嗅ぐことは挨拶やコミュニケーションの一つでありお互いを知るための大切な要素となります。
そのため相手が嫌がらないのであればしっかりと満足できるまで嗅がせてあげましょう。

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です