ドッグカフェで一緒にオフタイム

ドッグカフェってどんなカフェ?

犬を同伴しても大丈夫なカフェをドッグカフェといいます。
最近ますます増えており、犬と一緒におでかけしてお茶を楽しむ飼い主の方もたくさんおられます。
犬専用のメニューを提供しているドッグカフェもありますので、様々な楽しみ方ができるようになっています。

ただし、犬同伴がOKだからとただ愛犬と行けばいいというわけではありません。
マナーやルールが存在しますので、飼い主の方は必ず確認をしてから愛犬と出かけるようにしましょう。

ドッグカフェに行く前に

カフェ

愛犬との入店の条件として、予防接種をちゃんと受けていることが求められる場合が多いため、必要な条件を満たしているかどうか、事前にチェックしておきましょう。

また、最低限のしつけができているかも大切なポイントです。
飼い主の方には犬と一緒でも入れる便利なカフェですが、愛犬にとってみれば、他の犬もいて落ち着けない場所と感じることもあります。
ドッグカフェに行く前に、他の犬とも上手に挨拶や交流ができるように、慣れさせておくようにしましょう。

ドッグカフェでのマナー

ドッグカフェにはいろいろな人、犬が来店しています。
無駄吠えをしないように、愛犬が落ち着けるような環境作りをしてあげましょう。
足元で伏せをさせておく、キャリーバッグに入れておく、ペット用のマットを持参するなど、しつけや工夫が必要です。

トイレのマナーについては、基本的にドッグカフェへ行く直前に済ませておくようにしましょう。
カフェにもよりますが、トイレスペースを設置しているカフェであれば、ペットシートを持参しておいて、愛犬がトイレをしそうになったら、そのスペースで排泄をさせ、スペースがなければ、外へ出て排泄させてからまた戻るようにします。

日頃家の中で自分たちが食べているものを犬に与えているという場合でも、ドッグカフェで人に提供されているものを、愛犬にもあげてしまうのはマナー違反ですので控えてください。
店内を自由に動き回ることもできませんので、性格を考えながら滞在時間などを調節しましょう。