ドッグランで運動しよう

ドッグランデビューする前に

犬の足

ドッグランは、犬がリードから離れて自由になれる場所です。
中に入ると完全に自由になってしまいますので、他の犬や飼い主の方とトラブルにならないように、最低限のマナーやルール、しつけをしておかなければいけません。
また、感染性の病気のワクチン接種はきちんと済ませておきましょう。

特に、狂犬病などは必須の予防接種となります。
ドッグランによっては、接種をしていないと利用ができない場合がありますので、事前に確認をしておきましょう。

初めての場合には、いきなり犬社会に出ていっても、愛犬も戸惑ってしまいます。
最初は、リードをつけたまま、他の犬や飼い主さんと交流をしてみましょう。
他の犬と上手に挨拶ができれば、お友達がいることで安心して楽しく遊べると思います。

ドッグランで守るべきマナー

広い土地のドッグランでは、走り回る愛犬を制御する必要が出てくるかもしれません。
どこにいても飼い主が名前を呼べば必ず戻ってくるように、呼び戻しのしつけはマスターしておくようにしましょう。
犬がたくさんいる場所では、いつもは温厚な愛犬も、何らかの原因でハイテンションになり、制御不能のやんちゃな犬になってしまう可能性があります。
他の犬とのトラブル発展にも繋がりますので、離れていても、「だめ!」のひとことで、きちんと愛犬の行動を制御できるようにしつけておきましょう。

ドッグランの利用方法

ドッグランによって異なりますが、ワクチンの接種や狂犬病の予防接種を済ませているという証明書類が必要な場合は、その書類を準備しておきます。
最初のドッグランには、必ずリードをつけ、手に持って入ります。
飼い主の方は常に動くようにし、注意を引きつけておきましょう。
ドッグランに慣れてきたら、呼び戻しのトレーニングを強化して、きちんと戻ってきたらしっかり褒めてあげましょう。

ドッグランのトラブルのほとんどが、きちんとマナーを守っていれば防げるものです。
犬の責任ではなく、ルールやマナーを無視する飼い主の側に問題がありますので、使い方には十分注意して、みんなが楽しく交流できるように心がけることが大切です。