キャンプに行こう

愛犬とのキャンプ

愛犬とのキャンプを楽しむ方が増えてきています。
愛犬と旅行をすることは既に一般的になってきていますが、キャンプの場合には愛犬との日常生活をアウトドアでするという感覚になりますので、より深いきずなを作っていくことが可能になります。

普段は部屋の中で行われている飼い主からのケアが室外で行われますので、非常に快適な気分となるはずです。
愛犬にとっても飼い主にとっても非常に楽しい時間となるはずですので普段以上に密な時間を愛犬と過ごすことができるようになるはずです。

また、外で何かを作ってそれを一緒に愛犬と食べるということは普段の生活では不可能ですので愛犬もとても嬉しい感覚を覚えてくれるはずなのです。
また、室内に比べてキャンプ場は非常に広く作られていますので愛犬も飼い主も思い切り体を動かすことができますので、運動不足解消になります。
運動不足の解消は健康増進にとってプラスに働きますが、一方でストレスを発散してくれる効果も期待できます。

愛犬と一緒にキャンプすることができるキャンプ場が増えてきていますので、活用してみると良いでしょう。
車でアクセスしてもいいですし、キャリーバッグを活用して公共の交通機関を使ってキャンプ場にアクセスしてみても良いでしょう。

キャンプの注意点

愛犬とのキャンプは楽しいものですが、室内と違いますので怪我などを起こしやすいという可能性がありますので、その点は十分な注意が必要になります。
また、愛犬が周囲の人とトラブルを起こさないような配慮をすることも必要です。
また、愛犬の排泄物などが丁寧に処分をしてキャンプ場を綺麗に使うようにすることが必要です。

夏の熱い季節や冬の寒い季節ですと愛犬が気候によってダメージを受けてしまう可能性が出て来ます。
キャンプ中は室内と違って簡単に温度のコントロールをすることができませんが、温度の調整や水分補給などはできるだけこまめに行うようにすると良いでしょう。

また、愛犬が病気にかからないようにすることも必要です。
病気の予防をするためには、キャンプに行く前に動物病院で予防接種を受けるようにしてみてもいいでしょう。
また、キャンプ場で犬が迷子にならないように気を付けるようにすることも重要です。

宿泊の際の注意

キャンプ場で犬と一緒に宿泊する場合には、小型のケージを持っていて犬用のスペースを確保してあげるようにすると良いでしょう。
愛犬と一緒に眠りたいという気持ちも理解できるのですが、あまりにも接近してしまうと愛犬の方もストレスを感じてしまうかもしれませんので、適当な距離をキャンプ場でも保ってあげるようにすると良いでしょう。

そのために犬用の小型ケージを用意した方が犬にストレスを掛けずにすみまづので、お勧めといえます。