ペットホテルに預けよう

ペットホテルを上手に利用する

犬に限らず、ペットを飼うかぎり、誰かに預けないといけない機会が訪れます。
身内の不幸や飼い主自身の入院、病気、急な出張、海外旅行など、一緒に連れていくことができないときに、ペットホテルを利用できれば安心ですよね。

ただし、ある日急にペットホテルに預けるとなると、愛犬にとっては大きなストレスになってしまいますので、いつか預けなければいけない日があることを想定して、慣らしておくことをおススメします。
では、どのように利用するべきなのでしょうか、注意点について見てみましょう。

ペットホテルはどこがおススメ?

ペットホテルと一口に言っても、ペットを預かるサービスは、専門のペットホテルをはじめ、ペットショップやトリミングサロンに併設されているペットホテル、動物病院にあるペットホテルなどがあります。
それぞれに提供するサービスが異なりますので、愛犬の性格や条件にあったサービスを受けられるホテルを選んであげると良いでしょう。
評判や口コミはもとより、愛犬との相性が一番大切です。
近所であれば、お散歩のついでに愛犬と一緒に訪ねてみて、様子を伺ってみるのも良いかもしれません。

ペットホテルを選ぶポイント

最近のペットホテルは豪華になってきているので、ケージタイプだけではなく、個室タイプも登場しています。
ケージでじっとしていられない性格であれば、個室タイプを選んでみてはいかがでしょうか。
他の犬との接触があるかどうかでも犬が受けるストレス度合いが変わってきます。

世話をしてくれるスタッフが獣医さんか、看護婦か、トリマーなのかトレーナーなのか、誰が対応するかでも選ぶ判断基準になると思います。
すぐに体調を崩してしまいがちな愛犬であれば動物病院に併設されたホテルがおススメですし、いつも行くトリミングサロンで顔見知りのスタッフがいるのであれば、そこのホテルを利用するなど、愛犬にとってできるだけ良い環境を選んであげましょう。

【紹介サイト】
愛犬を安心して預けたい!都内のおすすめペットホテル5選