砂浜で遊ぼう

愛犬を海に連れていこう

家族で海辺におでかけするのであれば、愛犬も一緒に連れていきたくなりますよね。
浜辺で思い切り遊ばせてあげたいと思うのが飼い主の愛情というものです。
ただし、海にはたくさんの人が遊びに来ていますので、トラブルにならないよう、飼い主として注意しなければいけないことがあります。
マナーを守って楽しく遊びましょう。

ペット同伴可の浜辺で遊ぶ

ペット同伴を禁止している海水浴場もありますので、まずはおでかけしようと思っている場所が、ペット同伴可かどうか、条件などについて事前確認をしましょう。
海水浴場には家族連れが大勢来ます。
衛生面やケガなどには十分に注意しなければいけませんので、飼い主のしつけやマナーが問われるということを認識しておくことが大切です。

ペット可の場所であっても、リードは短くしっかりと持ち、トイレは直前に別の場所で済ませてから浜辺へ行くようにしましょう。
もしもトイレをしてしまったら、すみやかに対処するようにトイレ準備を持っていきましょう。

犬のために注意すること

真夏の日差しの下の砂浜は、人間の足でも焼けるように熱いことがあります。
サンダルを履けない犬の肉球も同じように熱く、ヤケドをしてしまう恐れがありますので、熱い場所では必ず抱っこをして砂浜の上を歩くようにしましょう。

犬の鼻先は人の肌と同じように日焼けをしますので注意が必要です。
基本的に、真夏の日中に浜辺で遊ぶのはあまりおススメできません。
熱中症や脱水症状を起こしやすくなりますので、愛犬と浜辺に行くときは、早朝か夕方にして、犬を歩かせる前に、手で砂浜の熱さを確認するようにしましょう。

犬に海水を飲ませないようにしましょう。
泳いでいるときや、ボールやおもちゃを投げて口に加えるとき、海水をたくさん飲んでしまう恐れがありますので注意してください。
また、浜辺に打ち上げられたゴミや海藻、死んだ魚などを口にしないように注意しましょう。