獣医師になるには

獣医師は国家資格

獣医師の資格を取得するには、国家試験に合格する必要があります。
その試験の受験資格を得るには、6年制の獣医系大学に進学しなければいけません。
獣医学科にて、動物に特化した解剖学や生理学、免疫学、病理学、薬理学をはじめ、食品衛生学など広い分野を勉強することになります。
6年次に獣医師国家試験を受け、合格してはじめて資格を得ることができます。

勉強

獣医系大学は日本に16校のみ

獣医系大学は、国公立・私立を合わせても日本には16校しかありませんので、とても狭い門と言わざるをえません。
国家資格以前に、大学に入るための受験に合格しなければいけませんので、並々ならぬ努力が必要とされる仕事になります。
自身がどのような仕事に就きたいか、明確なビジョンをイメージし、高いモチベーションを維持しながら獣医師国家試験の資格を手にいれるために努力しましょう。

主な就職先

獣医学に必要とされる課程を修了し、6年を経て獣医師国家試験に合格したら、獣医師の国家資格を取得できます。
合格率は8割とも言われていますので、6年間きっちり真面目に履修すれば、合格の可能性が高い内容となっています。

獣医師を取得した人の最も多い就職先は動物病院です。
近年のペットブームを受けて、たくさんの動物病院ができている影響もあるでしょう。
資格をとった約半分の人が動物病院へ就職するようです。
その他の就職先として、動物園、水族館、農協、食品会社や製薬会社、保健所や食肉衛生検査所といった地方自治体、検疫所の場合は国家公務員になります。

難関の国家資格を取得していますので、就職率は相当高く、有資格者の学生のほとんどが就職しています。
ただし、人気の高い動物園や水族館などは就職が難しいため、いろいろな可能性について考えておくことをおススメします。
あるいは、都心部から離れた場所では逆に獣医師が不足しているところもありますので狙い目と言えるでしょう。
獣医師の仕事に興味がある人は、就職先についてチェックしておきましょう。