ペットシッターになるまでの道のり

ペットシッターまでの道のり

道のりペットシッターとは飼い主さんが出張や旅行、急な病気での入院など様々な理由によって一時的にペットの世話をすることができなくなってしまった時に、飼い主さんの代わりにペットの世話をするという仕事です。
ペットのお世話の方法としてはペットホテルもありますが、ペットホテルと違って、飼い主さんのお宅に伺ってペットの世話をすることになります。
動物好きの人の中には、将来この仕事で働くことを夢見ている人もいるでしょう。
では、どうすれば働くことができるのでしょうか。
まず大前提として、ペットシッターになるために絶対に必要となる資格はありません。
ですから、極端な話をすれば誰でも「私は今日からペットシッターだ」と宣言すれば、すぐになることができます。
しかし当たり前ですが、それだけでは不十分です。
ペットシッターとして仕事をするためには、お客様の信頼を得ることが必要になります。
そのためにはペットに関してしっかりとした知識やスキルを身に付けなくてはなりませんし、それを証明するために様々な資格を取得することも必要になってきます。
では、ペットシッターとしてどんなことが求められるかというと、まずは動物を好きであるということです。
動物に対して愛情を持っていれば、動物に優しく接してあげようと思いますし、動物のためになることをやってあげようという気持ちにもなります。
また、動物をうまくお世話するために、もっとたくさん勉強しようというモチベーションにもつながります。
ですから、動物が好きであるということはとても大切なことです。
ただし、これは仕事ですから、ただ動物が好きだというだけでは務まりません。
動物の状態を見て健康状態をある程度判断することができなければいけませんし、ペットのしつけやコーミング、爪切りなどもできたほうが喜ばれます。

大切なこと

そして、何よりも大切なのは、仕事的にも人間的にも飼い主さんの信頼を得るということです。
というのも冒頭で触れたように、ペットシッターは飼い主さんの不在時にお宅に伺ってペットをする仕事です。
つまり、飼い主さんから家の鍵を預かることになります。
ですから、仕事で信頼を得ることと同時に、安心して留守を任せることができるという信頼感もとても大切になるのです。
さて、特に資格が必要ないと書きましたが、もちろん何らかの資格を取得しておいたほうが就職の時に有利になりますし、キャリアアップのためにも資格を取得したほうが良いでしょう。
ペットシッターになるために取得しておきたい資格としては、愛玩動物飼養管理士や家庭動物販売士などがお勧めですし、犬の躾を行うならばグッドシチズンテストや公認訓練士などもぜひ取得しておきたい資格です。
こういった資格を取得してフランチャイズ店などに就職し、そこで知識やスキルを学びながら一人前のペットシッターを目指すというのが一般的です。
将来的には動物取扱責任者の資格を取得して独立開業することもできます。