ペットシッターの求人状況

求人状況

ペットブームということもあり、最近は様々なペットが可愛がられ、
ペット関連の仕事も人気が高まっています。

ペットを飼っている場合、不安になることといえば、
やはり飼い主さんが留守の間、ペットを世話できないことにあるのではないでしょうか。

仕事が忙しいときはかなり帰りが遅くなってしまうこともありますし、
急な用事で家を空けなくてはいけない場合もあります。

さらに出張や旅行などで何日も家を空けることもあります。

この場合、他の家族にペットを世話してくれる人がいれば良いのですが、
一人暮らしでペットを飼われている方も多いです。

ペットホテルに預けるという方法もありますが、
動物にとってなれない環境におかれることはかなりのストレスになってしまうこともあります。

そこで注目されているのがペットシッターの存在です。

ペットシッターとは自宅まで訪れて、ペットの世話をしてくれる人を指します。

食事の世話をしたり散歩に連れ出してくれたり、
トイレをきれいにしたり、一緒に遊んでもらうこともできます。

在宅で世話することのメリット

ペットもペットホテルなどに通うより
慣れた自宅で世話をしてもらうほうが精神的なストレスも少なく済み、
よりリラックスすることもできるのです。

最近はかなり高齢のペットも増えていますが、
そうしたペットの場合も移動がかなり体に負担のかかることがあります。

ですが、在宅で世話をしてもらえれば体への負担も減らしてあげることができます。

ペットシッターの求人状況については、どちらかというと都会のほうが多く、
地方ではまだあまり一般的ではない傾向にあります。

ペットシッターになるためには特に資格は必要ありませんが、
ただ動物が好きだからというだけで勤まる仕事ではなく、
ペットに関する幅広い知識を持っていることが大切です。

それゆえにペットの専門学校などでペットの扱い方などを
しっかり学んでおいたほうが働きやすいですし、
資格も持っていればより就職に有利とも言えます。

ペットシッターの求人情報については
インターネットなどで検索すると見つけることができますので、
給与や勤務時間、雇用形態など様々な面から比較して良い仕事を選んでいきたいものです。

家族同様の大切なペットを預かる仕事ですから責任を持って働くことが大切です。

散歩中にはリードが離れて逃がしてしまったり、
よその犬とケンカして怪我をしてしまったりするなどのトラブルも起きやすいので、
ハーネスやリードなどの装具はしっかり点検しておきましょう。