獣医師の求人状況

獣医師の求人情報

ここでは獣医師の求人状況について言及してみたいと思います。
折からのペットブームによって、ここ最近の動物病院からの
小動物臨床獣医師の求人は確実に増えています。

しかし長引く不況の煽りを受けているのは動物病院も例外ではなく、
動物病院の開設・開業は鈍化し、専ら病院の被雇用となるケースが多いです。

確かに、これらの動物病院は業務の拡幅を行っているケースが多いですね。
24時間営業にペットホテル、トリミング施設などが昨今の傾向と言えます。
獣医師の求人としては、当然ながら動物病院が最も多いですが、
その他獣医師ならではの職場がいくつか存在します。
まず産業動物臨床獣医師です。

このケースは農業共済組合や農業協同組合等に勤務または
農村等にて診療施設を開設、畜産農家向けに牛、豚、鶏などの産業動物の診療、
ワクチン接種、消毒などの伝染病予防の衛生指導などを行います。
その他動物園、水族館勤務の獣医師、競走馬・育成馬専門の獣医師の求人があります。
しかしながら両者とも元々新規で募集を行う数は極めて少なく、就職難となっているのです。

求人の種類

ノートパソコン

また公務員としての獣医師の求人も少ない案件で、
公務員としての獣医師は国家公務員と地方公務員に分けられます。
国家公務員は、厚生労働省と農林水産省が人材の募集を行い、
職場は本省の他、検疫所、動物検疫所があります。

地方公務員は保健所、食品衛生検査所、家畜保健所などが職場として挙げられますね。
特徴的なのは、これら公務員としての獣医師は臨床業務に携わることはないということです。
他には民間企業の獣医師も存在します。

乳業、食肉、家畜飼料等の関連企業、製薬関連企業、動物医薬品会社などからの求人がありますね。
例えば製薬会社などでは飼育される実験動物の健康管理を担い、
募集を行う民間企業では、慢性的な獣医師不足が問題化しています。

それは民間企業のいくつかでは必ずしも獣医師資格所得を
条件としていないということも関係しているのです。
これらの民間企業においても一部を除いて臨床業務に携わることはないですし、
その他に獣医師求人の特殊な例をいくつか挙げてみよう。
動物病院の依頼を請け負う機関がいくつか存在していて、
これらの機関では動物病院がカバーしきれない分野の医療業務を行います。

CT、MRIの検査、脳脊髄液検査、電気生理学的検査、遺伝子検査などがあり、
その他には動物用医療機器メーカーでの動物病院に対する技術的サポート、
製薬会社における毒性・薬効病理評価業務、研究所における病理性微生物等取扱実験の
研究員・技師、医薬品会社に学術全般業務(学術情報収集、MRに対する製品教育、
若いスタッフの指導業務など)があります。