偏食の改善方法

愛犬の偏食にはエサをかえてみる

愛犬がなかなかエサを食べなかったりするような偏食をする場合にはまずはエサを変えてみるようにするといいでしょう。
エサを変えることによって、急にエサをしっかり食べるようになることもしばしばです。
エサをしっかり食べないと十分な発育をすることができなくなってしまいます。

どんなにおいしい料理で合っても毎日同じものを提供されると人間だって飽きてしまいます。
このことは犬にも当てはまるので、飼い主はバリエーションあふれる食事のメニューを常に愛犬のために色々とアレンジするようにするといいでしょう。

一方でエサをあげすぎてしまっているような場合も考えられます。
お腹いっぱいですとどんなにおいしいエサで合っても食べることはしないはずです。
年齢とともに食べる量が変わってくるようなことも考えられますので、愛犬の様子を観察してみるようにすると良いでしょう。

心配しすぎない

愛犬がエサを食べないと言ってもあまり心配しすぎることはありません。
仮に1週間くらいほとんどエサを食べなくても愛犬が死んでしまうということではありません。
また周期的に食べたり食べなかったりするというようなことも考えられますので、しばらく様子を見てみるようにしてみても良いでしょう。

また、食べにくいエサを与えてしまっている可能性も考えられます。
硬いエサですと嫌がって食べないようなケースももちろん考えられますので、水にふやかしてエサをあげてみても良いでしょう。

エサと違って水をまったく飲まなくなってしまうのは非常に危険な状態ですので、その場合には医療機関での診断が必要になります。

体調不良

愛犬が体調不良によってエサをまったく食べない状態になってしまう場合もあります。
例えば1週間以上全くエサを摂らない状態の時にはすぐに医者に検査してもらった方が良いでしょう。

犬の体調管理は定期的に行っておくことが必要です。
医療機関での健康診断は欠かさず行うようにすると良いでしょう。
エサを食べ過ぎてしまうとそれによって肥満傾向になってしまって、そのために体調を崩してしまうようなケースも出て来ます。

しつけ

愛犬がわがままによって偏食をしてしまうということも時には起こってしまいます。
このような時には愛犬に対するしつけがとても重要になってきます。
食べないからと言って、甘やかして好きなものを与えるようなことをしてしまいますと逆に愛犬が体調を崩してしまうかもしれませんので留意しなくてはなりません。

楽しみながら、愛犬との時間を過ごすためには食事のメニューを色々と考えながら、かつ愛犬を甘やかさないようにきちんとしつけをすることもわすれてはなりません。