一緒に電車に乗る際のマナー

各鉄道会社のルールに従う

愛犬と出かけるときに、車がなかったり、電車の方が行きやすいという場合には、電車移動が便利ですよね。
そもそも、犬は電車に乗れるのかというと、日本では「手回り品」扱いですが、乗ることができます。
各鉄道会社によって規定が異なりますので、乗車する前にきちんと事前確認をしておきましょう。

基本的な乗車マナー

基本的に、どの鉄道会社も犬をケースに入れて乗車させるように決められています。
愛犬が出たがっても車内やホームなどでケースから出すことはできず、顔だけでもと出すことも禁止です。
ケースを嫌がらないように、日頃から慣れさせておくようにしましょう。

犬を電車に乗せる時間帯はラッシュアワーを避け、ケースは足元に置いたりひざの上に置くなど、ずっと気にかけておける身近に置き、目を離さないようにして、他の乗客の迷惑にならないように配慮しましょう。
どんなに可愛い愛犬でも、乗客の中には犬が苦手な人、恐怖に感じる人がいる可能性があります。
ルールとマナーは必ず守りましょう。

犬を電車に乗るときのマナー

トイレは電車に乗る直前に済ませておきましょう。
電車に乗ったら、ケースを足元に置くか、もしも犬が落ち着かないようであれば、車両の端に立ち、すぐ側にケースを置きます。
冷暖房が直に当たる場所や直射日光が当たる場所は避けてあげてください。

犬がいますアピールをする人がいますが、犬の存在はできるだけ気付かせないことが乗車マナーです。
もし気付かれて「可愛い、触らせて」となっても、出してはいけないルールなので、きちんと断りましょう。

犬に対して好意的な人もいれば、苦手な人、嫌っている人も同じように乗車しています。
そういう人々は特にマナーには厳しい場合もあります。
トラブルはできるだけ回避するようにしましょう。

無駄吠えをしないようにしつけされた犬でも、慣れない不安で吠えてしまった場合には、一度電車から下りて、ホームで犬を落ち着かせてから再度電車に乗りましょう。