犬を飼っているなら守りたいマナー

飼い主のマナーについて

ペットを飼ううえでマナーを守るのはとても大切。
でも、最近は、基本的なマナーを守れない人が増えています。
マナーを守れない飼い主は、他の人にも迷惑ですが、飼われている犬にとっても迷惑になってしまいます。

最低限必要なマナーは、予防接種を受けることです。
これは、マナーというよりもわんちゃんにとって命にかかわることでもあるので、ぜひ守って欲しいものです。
散歩中、ほかの犬や子供に吠えたり、かみついたりするような問題行動をしないように普段からきちんとしつけをしておくのも飼い主のマナーです。

もちろん、リードなしで散歩をさせるなんていけません。
他の人やペットに危害を加えたり、怖い思いをさせるのは絶対にしてはいけないことです。
自分では手に負えないという場合は、プロのトレーナーに手伝ってもらってしつけるようにしましょう。
そして、なによりも大切なのは、途中で放棄しないことです。
最後までお世話をすることが飼い主としての最大のマナーであり、ルールです。

ドッグカフェでのマナー

ドッグカフェに入店する前にトイレはすませておきましょう。
それでも、店内でオシッコをしてしまうことがあるので、後始末ができるように必要なグッズを持参してください。
他のお客様は食事やお茶を楽しんでいます。
防臭スプレーなどもあるとよいでしょう。

ドッグカフェは犬も同伴できるカフェですが、飼い主も飲食をします。
ドッグカフェの椅子にマットも敷かずに犬を座らせないようにしましょう。
あなたにとっては大切な子供でも、他の人への配慮は必要です。
「ドッグカフェには犬好きの人が来るのだから、ちょっとくらいかまわないだろう」と思うのはマナー違反です。

もちろん、人間が使う食器から食べさせるのはいけません。
犬用のメニューの中から選んで、犬用に提供されたものだけを食べさせるようにしましょう。
抜け毛が気になるときには、洋服を着せるのが他の飼い主さんにとって親切です。

ドッグランでのマナー

最近は、ドッグラン付きのカフェも増えてきました。
ドッグランではいきなりリードを外さないようにしましょう。
たくさんの犬を見て興奮する可能性があるので、少しリードをつけたまま飼い主さんと一緒に歩き、場に慣れさせた後でリードを外しましょう。
ドッグランではオシッコやウンチをさせないのがマナーですが、してしまった場合には持ち帰ることができるようにビニール袋や新聞紙などを持っていくのがマナーです。

おやつやおもちゃを持ち込むと、他の犬が興味を示して奪い合いになることも考えられます。
愛犬がケガをしたり、ケガをさせたりするリスクを考え、おやつやおもちゃの持ち込みはやめましょう。
マナーを守って、気持ちよく利用してください。