飼い主の忠実さを表す「おすわり」

しつけの基本「おすわり」

犬のしつけと聞いてまず「お手」ときて「おすわり」をイメージする方も多いでしょう。
「おすわり」は、犬が後ろ足をたたんで腰を下ろした状態を指します。
この「おすわり」は、すべてのトレーニングの基本となる動作であり、様々な場面で使える利用頻度の高いしつけの1つです。

食事を与えるときや、犬に指示を与えるとき、「待て」をさせるときなど、「おすわり」ができてから可能になる行動がたくさんあります。
他のしつけをさせる前に、まずは「おすわり」をマスターしておくようにしましょう。

「おすわり」は動きを止めるブレーキ

「おすわり」ができると、犬が突発的に動こうとするのを止めるブレーキとしての機能も果たしてくれます。
散歩途中に見知らぬ犬や猫に遭遇して、興奮してしまい、今にも走り出しそうな場合にも、「おすわり」がちゃんとできていれば、その動作にブレーキがかかり、その動作を止めることができます。

犬は、興奮状態になったり、突然の出来事にパニックになると、予想外の行動に出ることがあります。
そんなときにも「おすわり」をさせてその動作に集中させることで、落ち着かせることもでき、犬の安全を守るとともに、飼い主との共同生活において忠実さを表すという意味でも大切なしつけとなります。

「おすわり」の教え方

犬の正面に向き合い、おやつを手に、犬の鼻先に持っていきます。
おやつを持った手を徐々に鼻先から上にあげていくと、犬の目線もおやつを追ってあごを上げ、自然と腰を下ろして「おすわり」の姿勢になるように誘導しましょう。

このとき「おすわり」とはっきり声をかけ、その姿勢をキープさせたままで「いいこ」と言ってなでて、しっかり褒めておやつをあげます。
同じように繰り返し、成功したらおやつをあげて褒めてあげましょう。
そのうちに、「おすわり」と言うだけで座ることができるようになります。
なかなか腰を下ろして「おすわり」の姿勢にならないからと言って、犬の背中やお尻を押さないようにしましょう。

【紹介サイト】
犬のお座りのしつけ~飼い主の正面でも横でも自然に腰を下ろせるようになる教え方