トイレトレーニングのコツ

トイレトレーニングは根気よく

決まった場所でトイレをしてほしい、というのは飼い主側の都合ですので、犬が自ら、飼い主が置いたトイレトレーの中で、トイレをするようになることはありません。
トイレトレーニングをして習慣にし、覚えてもらう必要があります。
早い段階で教えることが望ましいですが、トイレを覚える早さには個体差がありますので、焦ったりせず、根気よく愛犬に付き合ってあげましょう。

トイレトレーニングの方法

犬はもともとキレイ好きの動物ですので、自分の居住空間で好んでトイレをすることはありません。
寝たり食事をする場所からできるだけ遠い場所にトイレを設置してあげましょう。

犬は、寝起きやフードを食べた後、運動した後、遊んだ後などに便意をもよおすことが多いため、その時間にはトイレサインを見逃さないように観察します。
そわそわ落ち着かなくなったり、床をクンクンと嗅いでぐるぐる回る、後ろ足がぎこちない動作をするなど、これらの動作はトイレを探しているサインの可能性大です。
トイレサインが見てとれたら、素早くトイレに連れて行きましょう。

そこでトイレができたら褒めてあげましょう。
おやつをあげても良いでしょう。
トイレタイミングを読み取り、トイレの場所へ誘導、排泄したら褒めてあげる、これを繰り返してトイレを覚えさせます。

トイレがある程度できるようになったら、自分からトイレに行けるような環境を作りましょう。
子犬とときに飼い主が抱っこしてトイレに連れていくことが習慣になってしまうと、「トイレがしたくなったら飼い主が連れて行ってくれる」と勘違いしてしまう恐れがあります。
「トイレがしたくなったらトイレに行ってする」という習慣をつけさせることが大切です。

トイレトレーニングのコツ

トイレトレーニングのコツは、トイレサインを見逃さないことです。
何度も見逃してしまうと、時々できたとしてもトレーニングにならず、なかなか覚えることはできません。
よく観察して、目を離さないようにしてあげましょう。

また、トイレがうまくできなくても叱ってはいけません。
犬は「飼い主さんがかまってくれる」と勘違いして同じように繰り返す可能性があります。
別の場所でしてしまった場合には、怒らずに冷静に片付けをし、消臭を徹底するようにしましょう。